広島雅楽会

広島雅楽会

雅楽への熱き思いを

広島雅楽会が5人の有志により結成されたのは1975年(昭和50年)のこと。親鸞聖人が開かれた浄土真宗(本願寺派)の本山、京都・西本願寺で声明と雅楽を学んだ者たちが、「雅楽を続けていきたい」「この素晴らしい音色をもっと多くの人に」と熱き思いを胸に結成されました。
その思いを胸に、多くのお寺に法要儀式の讃嘆衆として出勤し、また福祉施設等、多種多様な場で演奏活動を続けてきました。
これからもさらに切磋琢磨しながら、益々賑やかに楽道精進に努めていきます。

広島雅楽会について

広島雅楽会
記念演奏会

広島雅楽会では、結成15周年より5年に1度の演奏会を開催しております。日々の修錬の成果をぜひご覧ください。

これまでの記念演奏会の模様

広島雅楽会40周年記念演奏会

広島雅楽会35周年記念演奏会

広島雅楽会30周年記念演奏会

雅楽の調べ

雅楽の演奏で代表的な楽器である鳳笙、篳篥、龍笛についてご紹介します。

  • 鳳笙

    形は翼を立てて休んでいる鳳凰の姿に見立てられ、和音を中心に奏でる楽器です。

  • 篳篥

    音色は地にいる人々の声に例えられ、音域は狭いが音量は大きく、主旋律を奏でる楽器です。

  • 龍笛

    音色が舞い立ち昇る龍の鳴き声に例えられる横笛で主旋律を彩る楽器です。

雅楽とは

上に戻る